Loopブログ

2019.04.12

レザー

 前回仕事道具の紹介でシザーを紹介したので今回はレザーの紹介です。

  もともとはトニー&ガイのレザーを使っていたのですが最近はTONDEOの

レザーがしっくりきています。

デザインや髪質によって登場する場合があるレザーは日本名で剃刀です。

パツっとしたラインが出ない、量を削りながら流れをだすことが得意などのメリットがあります。

    私の2周り上の美容師の先輩はレザー世代の方も多いですがカリスマ美容師ブーム

あたりからは、ほぼシザーCUTでここ最近だとフェードCUTに代表される

メンズスタイルはクリッパーCUTも人気あります。      クリッパー=バリカン

  

3種類とも得意なことがちがうのでその特質と素材とデザインでチョイスするのですが、

シザーで2種類 セニングで3種類+レザーとクリッパーで7種類の道具を使い分けて

CUTさせてもらっていますのでまた機会があれば紹介します。

  弘法を選ばずということわざがあり、確かにどんな筆でも上手に書いた方らしいですが、

実際は道具へのこだわりも強く、デザインによって凄い数の筆を使い分けていたそうです。

  

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム